読み解くデザイン当事務所のサイトを作るときに、スマホ画面で気をつけたこと

当事務所のこと

2021.01.04

当事務所のサイトを作るときに、スマホ画面で気をつけたこと

ユーザーへの配慮をどこまで考えるか。スマホ画面を考える際の検討事項や参考に

奈良のデザイン事務所、パーキーパット・デザインズ代表の前田です。
今回は、今見ていただいている当事務所のWEBサイト(ホームページ)に関して、スマホ画面を作るにあたって考えたことを記していきます。

デザイン制作の中で、オシャレやカッコいいというビジュアルの要素の他に、ユーザーへの配慮として、こういうことを考えて作っているのだということをお伝えしたいです。

スマホで見たときの「読みやすさ」をこだわる

パーキーパット・デザインズのWEBサイトはパソコン画面よりもスマホ画面で見た方が見やすいくらい、スマホファーストで気に掛けて制作しました。主にどういう点かと言いますと、文字・文章関連の要素です。

当サイトを見ていただければと思うのですが、文字が多いです。伝えたい内容は吟味しましたが、それでも載せている文章量は多いと感じられるでしょう。デザインする上で全体的な文字量はこのくらいにすることは最初から考慮済みでした。

もちろん、文章量が多いと読むのがストレスになってしまう人も出てくることは懸念されるので、そこをカバーすべく、「読みやすさ」にはこだわりました。読みづらそう、読んでいて疲れる、頭に入ってこないといった離脱を防ぐためです。

特に今の時代ですと、スマホで本を読んだりニュースをチェックしたりSNSで情報を得たりということが増えているので、スマホで当サイトを読んでいただく場合のことへの配慮は多大に検討しました。

文字サイズ、文字間、行間などをニュース配信アプリなどから研究して考える

というわけで、スマホ画面での文字の「読みやすさ」にはこだわりました。パソコン画面と同じ文字サイズや行間では読みづらいんですよね。パソコンの大きい画面だと行間は広い方が読みやすいのですが、スマホだと小さな画面に収まる文字数や行間が空きすぎることで読みづらく、頭にも情報が入ってきません。ここはよくデザイナーでも見落としがちの部分で、しっかりと実機やユーザー目線でのチェックを行うことで見えてきます。

そこで研究したのが、スマホアプリです。一番よく参考にしたのは、ニュース配信アプリです。いろいろインストールして読みやすいアプリの特徴を検討しました。文字サイズ、字間、行間などをチェックしては、当サイトに反映して確かめるということをしました。

例えば、人気でよく使われているニュースアプリは、情報が良いから選ばれているでしょうけど、読みやすさ使いやすさでも受け入れられているはずです。そういった質の良いものに慣れているユーザーからして、WEBサイトを見てもらったときの落差がないようにしないといけないという意識を持つべきだと考えています。

そうして読みやすい文字の設定をすることで、伝えたい情報がちゃんと伝えることができます。せっかくの良い情報だけど、「なんか文字多いし読みづらそう」と思われたらもったいないですよね。サイトリリース前に一番チェックしたのはこういったポイントです。

ゲームアプリからは良いボタンの特徴を見つける

また、文字と関連して、人気のゲームアプリをいくつかインストールして、その文字の扱い方と合わせて、各種ボタンのクリック(タップ)のしやすさも参考にしました。こちらもボタン自体のサイズやボタンに書かれている文字サイズ、押しやすく感じる色や記号などなどをチェックしました。

アプリアプリとワードを出していますが、何が言いたいかといいますと、WEBサイトのスマホ画面の参考になるものは、スマホアプリが一番だということです。スマホ用に考慮された見やすいWEBサイトを探すよりも手っ取り早く、そしてユーザーにインストールして使い続けるパワーのあるコンテンツが参考にならないわけないからです。

まとめ:とにかく「読みやすさ」にこだわりました

正直言って、大半のWEBサイトは、パソコン画面用で考えられたものを元に、小さい画面にレイアウトをシンプルに変換されたものが多く見受けられます。そうやって制作していくのは間違いではないのですが、そこで終わったらもったいないんです。そこから「読みやすいな」と感じてもらう工夫や、気心の知れたサイトは、言わずもがな印象が良いですよね。

オシャレやカッコいいというビジュアルの要素とはまた別のところでもデザイナーはいろいろ考えたり研究してデザインしています。見た目だけこだわるデザインから一歩先への思考をすることで、さらにデザインは深みが出てきます。

以上、スマホ画面を考えてのWEBデザインに関するお話でした。身近なものとして当サイトをそういった目線でも見ていただければと思います。

ブログ一覧ページへ戻る

この記事を書いた人に問い合わせる

    人気の記事

    奈良のデザイン事務所、パーキーパット・デザインズです

    奈良のデザイン事務所、パーキーパット・デザインズです

    デザインに資格は必要?

    デザインに資格は必要?

    発想力の大切さと発想力を身に付ける方法

    発想力の大切さと発想力を身に付ける方法

    こちらもおすすめ